お申し込み方法


本来はお礼

私はもともと決まったお金を頂いて霊視をしていたわけではありません。皆さんの依頼に基づいて霊視を行い、一つの回答を出したあとで、あくまでも“お礼”としてお気持ちのままにお金を頂戴していました。ですから私の助言によって事業が成功したと考えた会社経営者から、百万円を越える“お礼”を頂いたこともあれば、十円玉を握り締めて“かけっこ”の必勝法を聞きにくる小学生もいました。私は依頼者からの“お礼”を期待して霊視をしているわけではないので、誰に対しても頭に流れた映像を見たままに率直に伝えました。

日本では多くの方がお正月には初詣に出かけます。普段、信仰心が無い人でも、なぜか神仏を目の前にすれば素直な気持ちで両手を合わせ、心の中で願い事をします。その時、ほとんどの人がお賽銭を投げます。自分の願いを神仏に託した証として、それぞれが払える範囲のお金を支払います。
私は自分が行う霊視についても同様に考えています。私に霊視を依頼することの謝礼はお賽銭と同じように、皆さんが払える範囲で決めて頂ければよいことです。私にとって霊視はビジネスではありません。しかも“お礼”は相手の感謝の印です。お賽銭の金額を神社仏閣が指定しないのと同様に、“お礼”の大小は本来、私が決めるべきことではないのです。

このようにして私は身近な人から頼まれるままに霊視を行ってきました。当初、そこには何の問題もなく、私と霊視を依頼された皆さんとは長く良好な関係が続いていました。しかし、私の噂が徐々に広がり、見ず知らずの人たちと接する機会が多くなると、一部に善意を仇で返すような不届き者が現れました。

◎ ありもしない事件の情報を伝え、その事件を解明するように依頼する者

◎ 霊視を否定する目的で、不正確な情報の元に間違った霊視をさせようとする者

◎ 50円、100円といった謝礼で、とりとめのない質問を延々と繰り返す者

◎ 霊視をした後から急に不幸が続いたなど、事実無根の因縁をつけて金品をゆすろうとする者

◎ 勝手に私の名前や私の師匠・弟子を名乗り、でたらめな霊視で金儲けをする者


こういった人たちは今の生活に多くの不平不満を抱え、何よりも自分自身が満たされることなく生きています。自らの歪んだ考えがゆえに、やり場の無い不幸な状況を自分で作り出しているのです。自分の身の回りで起こる現実の出来事は、その大部分は自分自身の考え方を投影しています。お金持ちはお金持ちになるような考え方をしています。失敗の多い人生を送る人は、人生につまずくような考え方をしているのです。そこを一向に改めずに、悪いことをいつも他人のせいにしていても、人生は好転するはずがありません。そもそも人として不正なことをして儲けたお金では、人間としての幸福を享受することはできないのです。

円滑な運営のために

私はこういう人たちには常に毅然とした対応をとってきました。しかし、インターネットでさらにたくさんの人たちと接していく上では、一定のルールが必要と考えました。悲しいことですが、人の善意を前提として人間関係を作るには、不特定多数が参加するインターネットの世界では、あまりにも無防備です。

また、謝礼の金額にしても、「お気持ちのままに」という言い方では、こちらに他意がなくても相手の受け取り方によってはかえって負担をしいることになります。そこで非常に不本意ですが、明確に謝礼の金額を決めた方が皆さんも安心できると判断しました。

 

 

お申し込み方法

霊視鑑定のお申し込み

  ① 霊視をするために正確な情報をメールでお送りください

  ② 霊視鑑定料を下記に記した(株)マルスの銀行口座へお振込みください

  ③ 霊視鑑定料のお振込み確認後、霊視鑑定の実行日(メール鑑定では回答をお送りする日)をメールでお知らせし    ます

  ④ 霊視鑑定を行います

 

正確な霊視をするためには霊視をする方やその関係者について、また霊視をする方が今現在どのような問題でお悩みなのかを私が正確に認識することが必要です。私が霊視をするときには、私が霊視をする方と集合的無意識と呼ばれる人間の共通認識の領域を通してつながります。この領域の中で面識のない相手を正しく探し出すためには、その方がいつ生まれて今どこに住んで何をしている方なのか、最低限の情報が必要になります。

霊視鑑定を申し込む際には次の点を明記した情報を私にメールでお送りください。

(1)どのような問題がいつ・どこで・どんな状況の中で起こっているのか、問題の経緯と現状を教えてください。

(2)相談者、及び問題の関係者のファーストネームと生年月日を教えてください。

(3)相談者、及び問題の関係者の職業を教えてください。

(4)あなたがお住まいの住所を市町村名まで教えてください。

(5)あなたがこの問題をどのように解決したいと考えているのか教えてください。

(6)あなたがこれからどのような人生を歩みたいのか、あなたの望みをお聞かせください。※これらの情報は相談者や関係者の霊的な意味での波長を特定するために必要です。文字での情報ではなくご本人の写真など画像を送信していただいても霊的な波長はわかります。その際は文字での情報は必要ありません。

(7)電話鑑定を希望される方は、電話鑑定の希望日時を希望順に4つお知らせください。電話鑑定を行う時間は、毎週月曜日~金曜日の10時・11時・12時・13時・14時の1日5回です。ただし、どうしてもこの時間のご都合がつかない方は、平日の夜や土・日も対応しますので、遠慮なくその旨、メールでお知らせください。霊視鑑定では事前に予約した時間に私のスマホまで電話をかけていただきます。私のスマホの電話番号は、電話鑑定料のお振込み確認のメールでお知らせいたします。

(8)出張鑑定を希望される方は、鑑定の希望日時とともに鑑定場所をお知らせください。対面での霊視鑑定は、こちらから指定された場所に出張する形でのみ行っております。出張鑑定場所は、他人の目を気にせずに落ち着いてお話のできるところであればどこでも構いません。多いのはご自宅・ホテルのラウンジや客室・飲食店の個室・カラオケボックスなどです。

パワーストーンのお申し込み

  ① スマホのカメラかデジタルカメラで、パワーストーンを持つ方の上半身を写してメールでこのアドレスまで送信してください。また、現在の写真を写すことが難しい場合は、アルバムに貼っている昔の写真を写していただいても構いません。人の霊的な波長は指紋と同じように一人一人異なり、それは生涯、そして死んだ後も変わることはありません。私は送っていただいた画像を観ることで、その方の霊的な波長を感じ取り、その人に石の波動の合うパワーストーンをお選びします。(※私から過去に一度でも霊視鑑定を受けた方は、その時点で霊的な波長をつかんでいますので、改めて画像をお送りいただく必要はありません)

  ② 画像をメールで送る際に、お持ちになるパワーストーンの種類と数、そして、そのパワーストーンにどのような願いを込めるのかをご記入ください。私は持つ方と波動の合うパワーストーンを選んだ後、そこに持ち主の願いを念じ込めてパワーを入れます。その結果、このパワーストーンは、持ち主の願いをかなえるために働き続けます。また、お送り先の住所・宛名・郵便番号・電話番号も忘れずにご記入ください。

  ③ パワーストーンの代金を下記に記した(株)マルスの銀行口座までお振込みください

  ④ 代金のお振込み確認後、あなたの願いがかなうようにパワーストーンへ私のパワーや願いを念じ込めます。それが完了次第、郵便局のエクスパックなどで発送します。

鎮宅七十二霊符と写経・神符・人型木製人形のお申し込み

  鎮宅七十二霊符や写経を申し込む際には次の点を明記した情報を私にメールでお送りください。

(1)どのような問題がいつ・どこで・どんな状況の中で起こっているのか、問題の経緯と現状を教えてください。

(2)相談者、及び問題の関係者のファーストネームと生年月日を教えてください。

(3)相談者、及び問題の関係者の職業を教えてください。

(4)あなたがお住まいの住所を市町村名まで教えてください。

(5)あなたがこの問題をどのように解決したいと考えているのか教えてください。

(6)あなたがこれからどのような人生を歩みたいのか、あなたの望みをお聞かせください。

(7)あなたの写真(画像)があれば古いものでも構いませんのでこのアドレスまで添付して送信してください。
 

お振込み先

  住信SBIネット銀行 法人第一支店(106) 普通預金 1097828  
  株式会社マルス

 

ご注文・お問い合わせ

霊視鑑定、及びパワーストーン、鎮宅七十二霊符、写経、除霊、浄霊についてのご質問・ご相談は下記ボタンからから遠慮なくお尋ねください。